« 今年もありがとうの大晦日 | トップページ | 旅立ち »

2021/01/18

ありがとう

今日、10時40分。

ハクが、虹の橋へ、飛び立ってゆきました。

Haku522

ハクのような、綺麗な、綺麗な青空でした。

とても暖かい日で、窓を開け、青空を見上げながら、ハクを抱っこして、一緒に日向ぼっこしました。
気持ちよさそうに、暖かい太陽の光を、その綺麗な白と水色の体に浴びていました。

Haku523

そのお顔は、とても幸せそうに、楽しそうに笑っていたんですよ。

最後の瞬間は、私の掌の中で。
「大好きだよ、ありがとう」と、何度も何度も繰り返した私の声を、きっとハクは聞いていてくれたと思います。

ハクは、去年の末から体調を崩し、闘病中でした。
最後の最後まで、頑張ってくれました。
最後まで、偉い、頑張り屋さんでした。

どうか、ハクが虹の橋まで無事にたどり着き、そこで待ってるたくさんのお友達に、迎えてもらえるよう、願っていてくだされば、嬉しいです。

先日14日、13回目のお迎え記念日を迎えてくれました。
一緒にその日を迎えられた事が、とても、嬉しかったです。

Haku524

ありがとう、ハク。

ありがとう。大好きだよ。

 

 

|

« 今年もありがとうの大晦日 | トップページ | 旅立ち »

今日のハク」カテゴリの記事

コメント

kaoryさん、Twitterは日々拝見していましたが、ブログにはしばらくお邪魔していなかったので、ハクちゃんが体調崩していたこと迂闊にも知らずにいました…。
1年もの間、病気と闘っていたのですね。ハクちゃん、小さな体で一生懸命頑張りましたね…。

ありがとうの声、間違いなく聞こえていましたよ。
そしてハクちゃんも、いっぱい愛してくれてありがとう!とkaoryさんの心に呼びかけていたと思います。

ハクちゃんにはピーポの分までまだまだ長生きして欲しいと願っていたので寂しくて堪りませんが、鳥さんはみんな遠い空からやってきて、私達に笑顔と宝物のような時間を残し、またお空に帰って行く存在なのかもしれません。
これからもお空の上から私達のことをいつまでも見守っていてくれることでしょう。

ハクちゃん、どうもありがとう。ピーポのことをよろしくね。青空を見るたびにハクちゃんの笑顔を思い出すよ。

投稿: たなこ | 2021/01/20 10:46

たなこさん☆

ありがとうございます。
去年の秋頃から、脚の発作のために肝臓のお薬をずっと飲んでいました。
嫌がらず、よく飲んでくれたんですよ。
そんなハクに感謝しつつの日々でした。
お薬のおかげか、ここ一年脚の発作も起きず、元気いっぱいで、
今年の夏頃うんちに悪い菌が見つかって、それがなかなか退治できずに、
そのお薬も追加しながら、それもまた頑張ってお薬水飲んでくれて。
やっと菌が居なくなって、ホッとしていた、そんな時でした。

たなこさんがおっしゃってくださるように、
ハクにわたしの想いが、気持ちが、届いていたと信じようと思います。
そして、ハクが「いっぱい愛してくれてありがとう!」と、言ってくれたのが、あの笑顔だったんだと、そう思いたいです。
きっと、そうだと。

「鳥さんは遠い空からやってきて、また、お空へ帰って行く存在」

たなこさんのこの一文が、胸に、響きました。
じん、と、沁みました。
本当に、そうですね。
ハクからもらった笑顔と宝物のような時間を、これから大切に大切に、してゆきたいと思います。

こちらこそ、ピーポくん、ハクのことよろしくね。
虹の橋にいるピーポくんは、おしゃべりがとっても上手だから、聞かせてもらってね。
とっても楽しいんだよ!
って、ハクに伝えてあります。

たなこさん、ありがとう。
青空から、たなこさんを見つけて、ハクはきっとにっこりしますよ。

投稿: kaory | 2021/01/20 17:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今年もありがとうの大晦日 | トップページ | 旅立ち »