« その後の自家製蕎麦の実栽培計画 | トップページ | ハクの青菜事情 »

2010/10/04

秋の空へ

日に日に空気がひんやりと感じ、
木々の葉っぱが緑から薄い黄色へと紅葉の準備を始めました。

そんな秋の気配が少しずつやってきている昨日、
ブログを通じて仲良くさせていただいている「とりあそび」のmiw.さんの愛鳥ずんだもちちゃんが、空の高い高いところにある、虹の橋へ向かって旅立ちました。

ずんだちゃんは享年推定2歳。
ハクと同じくらいの年齢です。
もしボタンインコの学校があったら、ずんだちゃんとハクは同級生だなぁと、いつもそんな事を考えながら、キュートなずんだちゃんの笑顔を日々ブログで楽しみに眺めていました。

そして突然の、悲しいお知らせ。
突然の事で、とてもびっくりして、
思わず涙が流れました。

2羽のボタンインコ男子に囲まれて、幸せそうに、楽しそうに、ピカピカの笑顔をいつも見せていてくれてたずんだちゃんは、まるでお姫様のようで。
とてもキュートでおしゃまでかわいいなぁと、ブログにお邪魔してそのピカピカの笑顔をみるたびに、胸がキュンとしていたものです。

miw.さんに大切に見守られながら、ダンゴ隊長、くずもちくんと一緒に過ごした2年間は、ずんだちゃんにとって、とてもとても幸せな2年間だったことと思います。

お花のたくさんたくさん咲いている虹の橋へ向かって、
ずんだちゃん、がんばって飛んでいるのだろうなぁと思います。
秋の空の高いところに、
頑張って羽ばたくその小さな姿が見えるようで。

Haku1956
『ずんだちゃん、がんばってね。げんきでね!』

|

« その後の自家製蕎麦の実栽培計画 | トップページ | ハクの青菜事情 »

今日のハク」カテゴリの記事

コメント

人間を含め動物は100%完璧に育てても、100%長生きできないのが辛いですね。
有名な先生たちでもまだ分からない事が多いとおっしゃるし、今日の常識が医学の進歩により非常識になることも往々にしてあるとか・・・
ずんだちゃん、他の2羽よりも弱かったんですね。
ブリはハイブリッドなんで、ぶっちゃけいつ死んでもおかしくないんで、他人事じゃありません。

投稿: noharm | 2010/10/05 10:46

noharmさん☆

「突然の出来事・・」というのを聞くと、
やはりハクに置き換えて色々考えてしまいました。
それと、鳥さんの異変は急に起こってしまうということ。
それは神様が決めたことで、
どうしようもない事も、きっとあるということ。

ずんだちゃんが、無事に虹の橋に辿り着くように、
願うばかりです。

投稿: kaory | 2010/10/05 16:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/532234/49649093

この記事へのトラックバック一覧です: 秋の空へ:

« その後の自家製蕎麦の実栽培計画 | トップページ | ハクの青菜事情 »