2021/09/18

8回目の18日

ハクがお空に旅立って行った日から8回目の18日は、雨の1日でした。
雨の18日は初めてかもしれません。
ハク色の明るい水色の空が見れなかったのは残念だったけど、静かでしっとりと落ち着いた、穏やかな1日でした。

朱色の彼岸花があちこちで咲いていて、ああ、秋なんだなぁと思います。
夕方になると庭から聞こえてくる虫たちの鳴き声も。

Haku589

去年の今頃のハク。
この頃、外ではやっぱり彼岸花が満開で、その彼岸花は今年も変わらずに咲いているのに、今年、ハクは居なくて。
来年も、その次の年も。

ハクが空へ旅立って行ってから8ヶ月経ちますが、どんどん寂しさが胸に沁みてきています。
それはきっと、ハクが空へ行ってしまった事が、ようやく分かりかけてきたからなんだと思います。
最初の頃は、それを知ってはいながら、どこか夢のことのようで。
ハクが、ちょっとどこかへ旅に出て、いつかまた私のところに帰ってくる、そんな気持ちにしかなれなかったんだと。
それが、少しずつ、少しずつ、生活の中でハクが空へ行ってしまった事実を感じることが積み重なっていくにつれて、ようやく、ハクが、ここへはもう戻ってこない、遠い空の向こうへ行ってしまったことを、心で理解するようになっていきました。

やっぱりね、寂しいですね。
それと同時に、ハクがどれだけ大きな大きな存在だったのかと、改めて知りました。
あの小さな体で、12年も私をしっかりと支えてきてくれたハク。
その存在の尊さが、胸に響いて響いて仕方ない今日この頃です。

この寂しさが癒えることは、きっと無いような気がします。
それとも、いつかそんな日が来るのかな。
ねぇ、ハク。

それでも、どんなに寂しくても、頑張って生きていこうと思います。
だって、ハクが見守っていてくれてるのがわかるから。
今までとは違う体で、支えていてくれるのがわかるから。
ハクのその愛情に応えられるように、生きていきたいです。

本当はね、もっとしっかりして、ハクを安心させてあげなくちゃいけないって思ってはいるんです。
いつまでもおかーたんの面倒見させちゃ駄目だって、ハクが安心して遊べないよって。

この寂しさと、穏やかにゆるやかに付き合ってゆく方法を、見つけたいですね。ハクのためにも。

 

Haku587

庭で育っている蕎麦、続々収穫です。こぼれ種から育った蕎麦ですが、まさかこれほど収穫できるとは思ってもみませんでした。
30粒くらいは収穫できたでしょうか。いや、もっと?

これはやはり、蕎麦の実フリークだったハクの密かなマジックかも・・・なんて思ってます。いや、多分そうですね、きっと。
フレッシュ蕎麦の実たんまり食べられて、今頃ニコニコしてるかな?
だといいなぁ。

 

| | コメント (2)

2021/08/18

8回目の18日、初めてのお盆

Haku585

ちょうど、去年の今頃のハク。プランターファームで育ててたヒエさんを収穫、嬉しそうに食べてくれてました。
この嬉しそうなお顔見たさに、毎年粟やヒエ、育ててました。
ミックスシードを撒くだけなんですけど(そういえばキビは一回も発芽しませんでしたね・・・)数ヶ月間、気を配りに配って大事に育てて、それがまた結構大変で(;^^)
でもね、この嬉しそうな美味しそうなお顔見るとその大変さもポーンッってどっか飛んでいっちゃって。だから、大変なのわかってても毎年種撒かずにはいられませんでした。

でも、今年は、今年からは、そんな必要も楽しみも無くなってしまって。
夏の間一生懸命粟やヒエのお世話していた去年までの思い出を懐かしみながら、種は撒きませんでした。

が、前回の記事でもお話ししたように、スズメさんにあげてたハクのお供えご飯に混ざっていた蕎麦の実が落ちて芽を出して、花を咲かせた今年の夏。
蕎麦の実が、できました!

Haku581

すごいでしょ?ちゃんと蕎麦の実なんですよー!

Haku584

ハク、きっときっと、喜んで食べてくれたと思います(^^)
なんといっても採れたて新鮮!鮮度抜群!

今のところ20粒くらい収穫できました。
庭ではまだ花が咲いてるのが数本元気に育ってるので、もう少し収穫できるかな?
来年はこの蕎麦の実を撒いて、ちゃんと育ててみたいと思います。

ハクがね、Photo_20210818153401『おやつつくってーおかーたーん!』って、そう伝えたかったのかなって。
蕎麦の実はハクの大好物だったし、花も可愛いんですよ。白くて小さくて、素朴で可憐な花。来年が楽しみです。
こうやってハクはいつだって、わたしの楽しみを見つけてくれます。ありがとう、ハク。

 

そして、今年はハクにとって初めてのお盆。

Haku583

嬉しい事に、ちょうどデルフィニュームがお花屋さんにありました。そして最近お気に入りの白いトルコキキョウ。
大好きだったおリンゴも。
でもね〜時期外れのリンゴって美味しくないんですね〜〜初めて知りました💦見た目はすごく立派で美味しそうなのに・・・。
これから夏場はリンゴジュースにしますー(;^^)

今日はようやく晴れて、綺麗なハク色の空が広がってますが、お盆中はずっと雨雨雨で・・・。部屋で編み物をして過ごしていたわたしの肩の上で、ハクは、そんなわたしの手元を眺めながらのんびり過ごしてくれていたような気がします。
Photo_20210818153401 『おかーたん、それしんさく?がんばってねー』って、穏やかに微笑みながら話しかけてくるハクを、肩の上で感じていました。

自家製蕎麦の実、おみやげに持って帰ってくれたかな?なんて。
来年はもっとお土産に持っていってもらえるように、たくさん収穫できるように、頑張ってお蕎麦育てるからねーハク。楽しみにしててね。

いつも、いつも、おかーたんの事見守っていてくれてありがとう、ハク。
ハクの姿が見えなくて、声が聞きたくて、匂いを嗅ぎたくて、寂しくなってしまう時も、そんな私を静かに見守っていてくれてる。
大好きなハク。おかーたんのハク。
ずっと雨だったのに、今日はこんなに綺麗なハク色のお空にしてくれて、ありがとう。

Haku586

| | コメント (4)

2021/07/18

6回目の18日

Haku580

梅雨開けした、6度目の18日は、雲ひとつない真っ青な青空。

昨日は最高気温全国一を記録した暑さでしたが、今日もほぼ昨日と変わらずの36℃。
この暑さの中、思わずハクに「暑いね〜」と話しかけて、ふと、ああ、もうハクは暑いとか寒いとか、全然関係のない身体になったんだなぁって、思いました。
どんなに暑くても、どんなに寒くても、そんなことに煩わされることのなくなった身体。
良かったね、と、話しかけて、でも、その事実に、やっぱり寂しくなったり。

 

もう、半年経ったんですね。
ハクの18日も、もう6度目を迎えてしまいました。
春を超えて、夏に。
ハクが空へと旅立っていった事実が、少しずつ、胸に沁みてきた今日この頃です。
胸にぽっかりと空いた大きくて深い穴は、なかなか埋まりそうにありません。
それが、ようやく自覚できてきました。

あんなに小さな身体で、どれだけの大きな存在だったか。
その身体が目の前から居なくなって初めて、その存在の大きさを深く深く、感じています。

Haku578

一年前、ちょうど今頃のハクです。
この時計がすっごくお気に入りで。嬉しそうなうっとりした顔で、時計の横をクチバシで何度も何度も叩いて。
叩いて返ってくる音が好きだったのか、それとも秒針の音が好きだったのか、どっちだったのかな。

この時計の傍に、今でもハクの姿が見えるようです。

 

少し歩いて、立ち止まったり、時々つまづいて転んだり、そしてまた歩き出して。
そんな繰り返しの毎日です。
こんな私をハクは、どんな思いで見守っていてくれてるのかな。
ハクにあまり心配かけたくないから、ちゃんと歩いていきたいんだけど。
なかなか、難しいです。
そんな、6度目の18日。

 

Haku579

ハクへお供えしたご飯をスズメさんへあげているのですが、その中の蕎麦の実がどうやら下にこぼれ落ちたらしく、近くにあったプランターから芽を出して育ち、花が咲きました。
実がならないかな・・・?
ハクも、きっとワクワクしながら待ってるはず。蕎麦の実大好物だったから!

そんな蕎麦の花、ハクと一緒に期待を込めて見守っていきます・・!

 

| | コメント (4)

2021/07/14

お誕生日、おめでとう

ハク、お誕生日おめでとう。
今日で13歳だね。

Haku572

ハクのお世話を記録していた日記帳。
扉にこのメッセージを書いた時、今日のこの日、一緒に13歳の誕生日を元気に迎えられますようにって、願いを込めて書いたよ。
信じてた。きっと願いは叶うって。

 

願いは、全部は叶わないことは、おかーたん知ってる。
12回、ハクと一緒にお誕生日を過ごせた、その願いは叶ったよね。
だから、13回目が叶わなかったのは、叶えられないことだったんだなって、おかーたんは、今思います。

初めてお空で過ごすお誕生日、ハクはどんな風に過ごしてるかな。
今日は久々の青空。そして久々に暑い日だよ。きっと水浴び気持ちいいよ。お気に入りの場所で、思いっきりお風呂に入ってるかな。
美味しいご飯いっぱい食べて、おやつもモリモリ食べて、楽しく遊んで、疲れたらお昼寝して。
「ああ、今日もたのしかったな」って思いながら眠りにつける、そんな1日でありますように。
そして、おかーたんと過ごした12回のお誕生日を、思い出してくれてたら、おかーたんは、とっても嬉しいよ。

Haku574

去年のお誕生日のプレゼントはヘチマさんだったね。
ヘチマさん齧るのがハクは大好きで、新品でパリパリしてる内は夢中になって遊んでて、噛みに噛んでヨレヨレになってくるとスルーし始めて。

ハクが最後まで遊んでたヘチマはもうヨレヨレになっちゃってたから、今年のお誕生日プレゼントもヘチマさんだよ。

Haku577

Photo_20210714155101『・・・はんぶんなんだけど・・・』

もう半分はハクがお空に持っていったんだよ〜(;^^)

真っ白でパリパリの新品のヘチマ見るたびに、ハクの嬉しそうな顔が思い浮かびます。
お空でも、遊んでくれてるかな。お空に持っていったヘチマはハクがいくら噛みまくっても、ヨレヨレにならずにいつまでもパリパリなままだね、きっと。

Haku573

ハクの羽みたいにふわっとしてて優しげな、綺麗なトルコキキョウを見つけました。
白いトルコキキョウの花言葉、ふと気になって調べたら・・・・『永遠の愛』。

ハク、このお花と一緒に花言葉、受け取ってね。
おかーたんが、ハクに何より伝えたい言葉だよ。

大好きなハクへ。

 

 

| | コメント (4)

2021/06/18

5回目の18日

Haku570

いつも笑顔で明るくて、元気いっぱいだったハクによく似てる、そんなヒマワリを仕事の帰りに見つけました。
お気に入りの小さなピンクのカーネーションと一緒に。
ヒマワリ、ですよね?
だと思うんですよ。
切り花用なのかなぁ。可憐なのに強さを感じさせる、そんな印象もハクに重なるお花。

そんな、ハクが空へ旅立った日から5回目の18日です。

 

ハクが空へ旅立っていってしまった事が、心に少しづつ沁み始めたのを感じる昨今です。
一滴、一滴、心という池に、天からの雫が落ちてくるように。

ああ、ハクは、空へ旅立ってしまったんだ。

それが、ようやくわかりかけてきた、そんな気がします。
どんな感情なのか、よく分からないです。
「寂しい」も超えてしまい「辛い」も「悲しい」もそういう感情では括れない、想い。
ハクが居ない空間を、ハクの不在を、静かに、深く、感じている、そんな感じでしょうか。

ああ、やっぱり空へ旅立っていってしまったんだ、と。それが、事実なんだと。
その事実を、無理なく、自然に、受け止めている感じです。

空へ旅立ったハクを見送ってから、一番深いところまでたどり着いた、そんな気もしています。

 

そんな思いを抱えた中、先日6月15日に行われたTSUBASAの慰霊祭にオンラインで参列しました。

Haku568

ハクには粟穂、蕎麦の実、オーツ麦のおやつ3点セットとりんごジュースを。
ハクの大好きなものばっかりだから、きっときっと喜んでもらえたかと!

住職さまの読経の間、空でのハクの平安を、幸せを願いました。
ハクと重ねてきた幸せな12年への感謝を込めて。

慰霊祭の後半は、事前に募集された質問に住職さまが回答してくださいながらの法話の時間でした。
貴重なお話を、たくさん聞く事ができました。
その中で一番心に残った事、それは、

『死は終わりではない。結ばれた絆が死によって失われることはない』

という内容のお言葉でした。

その言葉は、力強く心に響きました。
そう信じてここまできたつもりではいたんですが、それでも不安になったり、くじけそうになったり。
でも、住職さまのこの言葉に、背中をグッと力強く支えていただけた、そんな思いです。

この慰霊祭の模様、20日まで視聴できるようなんですがTSUBASAの事情で今一時的に非公開になっているようです。
時々アクセスしてみてください。
https://www.youtube.com/watch?v=CAF0oj9LX9M

慰霊祭に関する元のページはこちら。
https://aichousai.jimdofree.com/ireisai-2021/


Haku571

去年の、ちょうど今頃のハク。
気持ち良さそうに日向ぼっこ。

Photo_20210618213701『おかーたん、おかーたんとハクはずっといっしょでしょ!』

そう言ってくれているみたい。

 

くじけそうになったり、つまずいて転んだり、前に進む足もヨロヨロだったりします。
でも、ハクが見守ってくれているのがわかるから。いつもの笑顔で。
だから、少しずつでも前に進んでいきたいと思います。
そんな、優しいハクのためにも。

おかーたん、がんばるよ。

 

| | コメント (4)

«4回目の18日