2022/02/19

素敵なお話

先日、webで素敵なお話に出会いました。 
鳥美術部さんの「虹の橋待合所」シリーズです。

Haku609

イラストと文章で綴られる、飼い主さんと、その飼い主さんに愛されて虹の橋へ旅立った鳥さんたちのお話です。

最初web上に掲載されていたのを読んで、なんて素敵なお話なんだろうと泣きながら深く感動し、書籍にもなってるというのを知り、お迎えさせていただきました。

お話について詳しく書くのは控えますが、愛鳥さんと今世でお別れを経験されて、今も彼ら(彼女ら)のことを深く愛してやまない方達に、是非読んでもらいたいです。

今世ではもう会えない。
けれど、いつかきっと必ず会える。
そして、今世での続きを、一緒に歩いてゆくことができるんだと信じさせてもらえて、その日までの心の支えとなってくれるような、そんなお話です。

お話に出てくる待合所の看板。
その看板のアクリルスタンドも販売されていたので一緒にお迎えしました。

Haku608

ハク、いつかここで会おうね。
おかーたんはその日を楽しみにしながら、頑張って生きてゆくよ。

鳥美術部さんの書籍、グッズ、原画などを取り扱っているお店はこちらです。

https://suzunarisch.thebase.in

空へと還っていった愛鳥さんを想い、哀しみを抱えていらっしゃる方たちと鳥美術部さんの作品たちとのご縁が、たくさん生まれることを願っています。

| | コメント (2)

2022/01/18

1年目の18日

ハクへ

ハク、元気ですか? 
ハクがお空の虹の橋へ旅立っていってから、今日が1年目の18日だよ。

朝起きたら雪が降ってて、しんしん積もってて、「わー大変な1年目の日になっちゃった」って思ってたら、おかーたんが葬祭センターの納骨堂へ行く頃になったら雪が止んで、お外も明るくなってきて、お家に帰ってくるまで綺麗なハク色のお空になって。
そしてお家に帰ってきてしばらくして外見たらすっごい吹雪なの!!
ハク、ハクはすごいパワーお空に行って身につけたんだね!おかーたんびっくりしちゃった。

Haku604

昨日は、お友達からハクカラーの綺麗なブーケが届いたんだよ。まるでハクがそこに居るみたいな、ふわふわで綺麗なブーケだよ。
おかーたん、とっても嬉しかった。

 

ハク、お空での生活は、もうきっと慣れたね。
素敵な遊び場も、いっぱい見つけたでしょ。

Haku607

大好きな小枝見つけて、こんな嬉しそうな顔してせっせと集めて秘密の隠し場所に持っていって。
ハクの秘密の隠し場所は、きっと宝物でもういっぱいだね。
おかーたんも見たいな、ハクのお宝。
でもだいたい想像つくよ、ハクのお宝は(笑)

Haku606

美味しいおミカンもきっとあるね。
お空のおミカンは、きっとすごくすごく甘くて、ニッコリしながら食べてるハクのおいちーお顔、おかーたんすぐ思い出せるよ。
いっぱい、いっぱい見せてもらったもん、ハクのおいちーお顔。

ねぇ、ハク。
どうか、毎日楽しく、幸せに暮らしてね。
それが、おかーたんの1番の願い。
どんなことがあっても、ハクが翼をぐんぐん伸ばして、楽しそうに嬉しそうに、水色の広い広いお空をすごいスピードで飛んでる姿を思い描いたら、乗り越えていけるよ。

Haku605

ハク、楽しかったね。
ピンボケだけど、おかーたん、この写真大好きなんだ。
ハクにチューしてもらってるの。
ねぇ、ハクもおかーたんも、とっても幸せそう。
大切な大切な写真だよ。

ハク、幸せな12年を、ありがとう。
おかーたん、ハクがお空に旅立ってから今日初めて、ハクに「いってらっしゃい」って、言えたよ。
おかーたんはいつだって、これからもずっと、ハクの幸せを願ってます。

おかーたんより

 

| | コメント (6)

2021/12/18

11回目の18日

ハクが空へ旅立った日から11回目の18日は、雪景色で迎えました。
今年初めての雪景色。
雪がちらついた日は何度かあったんですが、外の風景が白く染まったのは今年初めてでした。
しかも午前中は暴風&最高気温は1℃あるかないかの猛烈な寒さ💧

・・・・が、納骨堂へ向かう途中からぐんぐんと空が明るくなり、いつの間にか澄んだハク色の空に!
ハク、頑張ってくれたのかなぁと。ハクの優しさを噛み締めました。

Haku602

去年の今頃、よりちょっと前のハク。
CDラックの、このCDとCDの間にできた隙間が大好きでー。
しかも、入ったら身動き取るので精一杯の狭い隙間が大大好きで。
何をするでもなく、こうやって隙間にはまったままご満悦でした(笑)

Haku603

これ、当時もブログに載せたと思うんですが、あまりにもベストショットなのでまた載せちゃう(笑)
この絶妙な内股加減がいつ見ても可愛くていつも笑っちゃう。

ハクはこうやって今でも、わたしを笑顔にしてくれます。
『おかーたん、ほらわらってわらって!』って。
ハクは偉大です。

つい最近ふと、ハクは私の太陽だったんだって、思ったんです。
私と、そして一緒に暮らしていたこの部屋を明るく照らして、暖かく包んでくれていた太陽。
小さいけど、大きな太陽。
そういえば、ハクの香りはいつだって、お日さまの光に温められたものの香りだったって。

そんな風に思ったのが昨日のことで、そして今日出かけた帰り道、お花を買いにお店に立ち寄ったら、まさにそんな太陽のようなガーベラが一輪入った花束を見つけたんですよ。

Haku601 

ハクのマジックはどこまで続いてくれるんだろう(笑)
ずっとずっと、続いてくれないかな。

そろそろクリスマスですね。
このブログを読んでくださってる皆さんに素敵なクリスマスがやってきますように、ハクと一緒に願ってます。

| | コメント (4)

2021/11/18

10回目の18日

Haku595

ハク色の空に、眩しいくらいの黄色に染まった銀杏の葉が映える季節になりました。
ハクの居ない初めての季節が3つ、過ぎようとしています。

朝起きると部屋が寒くて。
朝、部屋で一緒に遊ぶために暖房のタイマーを入れてて、ほんのりと暖まっていた時間。
その時間に部屋の寒さを感じると、ハクが居ないことが心に沁みて、寂しい、そんな朝を過ごしています。

Haku599

去年の今頃のハク。
この壁紙、ハクっぽい色合いでお気に入りなんですよ。擬態しちゃうかも?なんて(しないしない・笑)
よくここの板の部分をテケテケ歩いたり、おもちゃ追っかけて走ったりしてました。

Haku600

写真選びながら「ああ可愛いねぇ、可愛いねぇ」って、思わず口に出ちゃいますね〜。
顔がデレてるのが自分で見なくても分かる(笑)
今も、私を心からの笑顔にしてくれるのは、いつだってハクです。
なんて可愛いんだろうって。こんな可愛い子と12年も一緒に暮らせていたなんて、なんて幸せなの!って←親バカ炸裂(笑)

そうです、幸せですね、私は。
ハクと一緒に暮らせた12年は、本当に幸せでした。私の宝物。
あんまりにも可愛くて泣けてきちゃう。
ありがとう、ありがとう、って言いながら。
可愛くて可愛くて、どうしようもないです。

Haku596

今日は、こんな可愛い花束を見つけましたよ。
不思議なことに、18日はいつもハクっぽい花束に出会えるんです。
ハクマジックかなって。

Haku597

このピカピカしたピンクの実?が、ハクのクチバシみたいだなぁって思って。
頬でチュッってするとふんわりと暖かかったハクのクチバシを思い出します。
ヒペリカムというお花の実なんだそうです。

Haku598

そして大好物のおミカン🎵
この時期にミカンって今まで買ったことなくて、味はあんまり期待せずに買ってみたんですが、意外と美味しい!
そんなに甘くはないんですけど、でも酸っぱくもなくて。ほんのりした優しい甘さで。
気に入ってくれたかな〜?ハク。
これからもっと甘いおミカンが出回る季節になってきますね。おリンゴも。


お空でも、美味しいおミカンやおリンゴあるだろうか?
きっと、ありますよね?

| | コメント (6)

2021/10/18

9回目の18日

Haku591

こんな季節に?と不思議に思ったのだけど、ハクみたいに綺麗な真っ白で、可愛いさに惹かれてお迎えした白いチューリップ。
切り花にはあまり詳しくなくて、今は旬?じゃなくても色んな種類のお花が年中出回ってるのかな。
真っ白いチューリップだけが3輪、まとめられて売っていたのも何だか珍しいなぁ、と。
可憐で清楚でいいですね、白いチューリップ。

Photo_20211018172701『ハクみたいじゃない?ウフフ🎵』

なんて言ってそう(笑)
可憐はまさに、だけど清楚は・・・・・(;-∀-)ドウカシラ、おてんばさん。

Haku590

ああ、でもやっぱりハクに似てるなぁ。真っ白で、スッとした花の形が。
「きれいだね」って、言ってくれてるかな。

そんな可愛いチューリップをお迎えできた9回目の18日。もうすっかり秋ですね。
澄んだハク色の青空を見上げるたび、春や夏とはまた違う、秋の青空で。

季節によって、同じ青空でも違うんだって、感じたのは初めてかもしれません。
ハクの居ない9ヶ月、青空の度に空を見上げてきたから、分かることなんですね。

1人で過ごす初めての季節は、どれも、やっぱり寂しいです。
心にぽっかりと空いた穴は、深くて大きくて、ふとしたことでその穴の存在に気づく度に、寂しくて、不安で、怖くて。

そんな時にハク色の青空を見上げると、「おかーたん、だいじょうぶ。ハクはいつもいっしょだよ。だからがんばって」って、ハクが応援してくれてるのが分かって、ハクのその気持ちに応えたくて、どんなに短い一歩でも、前に進もうと思えます。

Haku593

去年の今日の、ハク。
大好きな粟穂の茎(通称、小枝さん)をカミカミしながらご満悦。
粟穂の茎って硬いじゃないですか。あの硬さが好みだったみたいで、粟穂はもちろんだけど茎もね!!って、大のお気に入りでした。
だから、今お供えであげている粟穂の茎が、どうしても捨てれないんですよね。
取っておいても、喜んで遊んでくれる可愛い子は、もう居ないのに。

Haku592

去年の今日の、おすましハク。
こんなに可愛い子と暮らしていたんだなぁって(永遠なる親馬鹿)、それが何か奇跡みたいに思えます。

可愛いねぇ、ハク。本当に本当に可愛い。おかーたんの宝物。

照れてるかな?それとも得意げな、こんな顔してるかな?

お空は楽しい?ハク。もうすっかりお空の生活に慣れたね、きっと。
ハク色のお空、広い広いお空、ビュンビュン飛び回って、楽しく毎日過ごしてね。
それがおかーたんの、何よりの願いだよ。

 

 

| | コメント (4)

«8回目の18日